HOME>特集>「特にないです」は禁句!?逆質問の面接を上手く乗り越えよう!

面接での逆質問、どうする?

採用面接の際は、面接官からの質問に答える形で面接が進みますが、かならず最後に逆面接の質問の場があります。では、この際にはどういった質問をすればいいのでしょうか。特に質問が無ければ「特にありません」の一言でもいいと思いますが、あまり印象はよくありません。まずは、実際の面接の場でどのように逆質問をしたのか知ると、ヒントが得られるかもしれませんよ。

「特にないです」は禁句!?逆質問の面接を上手く乗り越えよう!

面接

なぜ面接の場で逆質問があるのか

では、なぜ逆質問の場が面接で設けられるのでしょうか。まず、1番の理由は、志望者の入社への意欲を見るためです。ですので、逆質問の場で質問をしないと、会社について興味がない、そこまで自社に入社したくないのかもしれないといった印象を面接官に与えてしまう事もあります。だからと言って無理に質問を考えるのではなく、自分がこの会社に入社する上で、どういった事を深く知りたいのか、自分が会社に入社することで会社が得られるメリットのアピールや、「御社に入社したい」という気持ちがより分かりやすい自然な質問を考えましょう。また、面接官の質問ではアピール出来なかった自分の長所などを逆質問を利用してアピールするのも良いでしょう。

面接は逆質問が出来るかどうかで決まるわけじゃない!

逆質問を上手く乗り越えるコツはそれは事前の周到な準備です。事前に入社したいという気持ちを見せるためにも、会社のことは調べておきましょう。また、仮に逆質問が上手くいったとしても、別の要因で面接が失敗してしまう可能性もあります。適切なリアクションを心がけるといいです。また、どうしても逆質問が思い浮かばなかった場合は、十分に面接官の説明が納得できたという事が分かる一言を添えましょう。

広告募集中